【吉田隼人選手】NIPPOヴィーニファンティーへ移籍決定

本日、情報解禁となりました。

 

2106年10月頃より指導させていただいている吉田隼人選手がイタリアのUCIプロコンチネンタルチームであるNIPPOヴィーニファンティーニへ移籍することが発表されました。

 

 

今シーズンの結果が、少しでもこうしたステップへとつながるチャンスになったとするのならば、コーチとしてもこれほど嬉しいことはありません。所属するマトリックス・パワータグの安原監督や選手、スタッフだけではなく、今まで数多くの人たちに支えられてきた彼にとって、この移籍はとても大きな意味を持つのではないでしょうか。

 

そんな彼には、NIPPOヴィーニファンティーニへ移籍してからも、好成績を納めることができるように、今シーズンにどんなことをしたのかという彼の取り組みを簡単に振り返ってみたいと思います。

 

 

オフシーズンの考え方と2017年シーズン

 

まず、オフシーズンの始まりに私がしたことは、吉田隼人選手自身が【2017年に勝てる可能性の高いレース】をピックアップして【それに対して勝率を高めるために必要なトレーニングプランを組むこと】でした。

目的目標を考慮したトレーニングの流れを考えよう Part.1 目的目標設定編

2017.09.06

【結果を出すための考え方】勝つための条件とは?

2017.11.14

 

2016年以前の彼のレースおよびトレーニングデータを振り返って、彼のパワープロフィールだけでなく、どんな能力を持っているのか(得意なレース展開や得意とするスプリントの持続時間など)を算出して、相性がいいであろうレースをピックアップし【このレースはこういう展開に持っていくことができれば勝ちやすいので、ここに調子を合わせましょう】と2017年のレーススケジュールに合わせて、トレーニンングプログラムを立てました。

 

そこで出た予想は【勝てる可能性のあるレースは17つ、そのうちに優勝または入賞できるレースは5つある】と伝えました。その結果、実業団レースで3つ優勝し、シマノ鈴鹿クラシックで優勝、その他数々のレースで入賞など、以下の成績を収めることができました。(吉田隼人選手のレースレポートより)

 

 

このように、予想を上回り【優勝は5つ入賞は6つ】という成績を収めることができました。

 

ちなみに、2017年を振り返って…

 

個人的に最も印象的で、尚且つ最も緊張したのは宇都宮クリテリウムです。

 

今となっては自分の心の中での笑い話ですが…【勝てる可能性のあるレース】であり【優勝できるレース】にあげていたので、これで優勝することができなかったらどうしようか、と無茶苦茶悩んで眠れなかったことを思い出します。というのも、優勝できなかった場合「伊藤コーチが言ってることや今までやってることが嘘だったんじゃないのか!?」と大変なことになるのでは…と思ったりしたからです。※ちなみに、優勝報告を聞いた時、当日イベントをしていたカトーサイクル様の会場で大声をあげてガッツポーズしてから、ホッと胸をなでおろしました。

 

 

また、今年一番考えさせられたレースは全日本選手権でした(レースレポートはこちら)。

 

彼のブログにも書いてありますが、本当に文字通り頭の中を整理するのも大変でした…。これに関しては、今でも思うことはあるのですが…来年にリベンジをしたときに、全て書き出したいと思います。

 

 

さらに、今年一番悩んだのは、シーズン7月からのレースでした。

 

というのも、ツアー・オブ・ジャパンで脱水症状になったことで一瞬調子を崩したのちに、徐々に調子を取り戻して挑んだ全日本選手権での落車…表には出しませんでしたが、結構調子を狂いました。その後、どのように調子を戻せばいいのだろうか?と二人で悩みに悩んで毎日のように電話していたのも、いい思い出です。

 

そうして、色々と試して徐々に調子を戻していった中で挑んだみやだクリテリウムで優勝した時には「このレースで勝てるとは思わなかったでしょ。」と隼人選手に言われたのはいい思い出です。※これも勝てるレースにあげていたのですが、どうなるかなぁ〜と、正直不安でいたのはいい思い出です。笑

 

 

さて、話を元に戻しますと…

 

このような結果を出すことができたのは、こうした私のコーチングよりも、彼自身の努力の賜物でもあり、それに合わせてマトリックス・パワータグという恵まれたチーム環境も影響しています。それでも、やはり数々の強者を相手に【勝つ】ということは非常に難しかったと思いますので、2016年以前の成績やフィットネスレベルと照らし合わせてみると、彼のフィットネスレベルだけでなく、精神的な成長も大きかったのではないかな、と感じられる2017年でした。

 

 

吉田隼人選手には、今年得たものを生かして、UCIプロコンチネンタルチームの一員として胸を張って、走っていただきたいと心から思います。これからの彼に期待です。これからも引き続き、吉田隼人選手の応援をよろしくお願いいたします。

 

 

これから…

 

これから始まるオフシーズンも、2018年のシーズンも年間スケジュールを見て、彼の特性と好成績を収めることができるであろうレースを照らし合わせながらプログラムを組んでいこうかと考えています。そのためには、様々なジャンルの論文を読み漁ったり、確固たる情報を持つ指導者のセミナーに参加するなど、コーチとしての能力をさらに高めていき、選手の才能や潜在能力を少しでも引き出していきたいと思います。



それは、吉田隼人選手のようなプロ選手だけでなく、アマチュア選手や生涯スポーツとして自転車に乗るサイクリストに対しても同じです。どんな目的目標も達成できるようにサポートできる名コーチになれるように、精進し続けます。

 

トレーニングに興味のある方へ

  「自分の場合はどうしたらいいの?」 「自分のトレーニングは合っているのか?」 など、トレーニングに関することで興味を持っていただけたり、お悩みがあれば、当方が運営するスタジオやオンラインにて個別指導をさせていただきます。 興味がある方は、こちらからお問い合わせください。