こっそりとムック本を書かせていただきました。

先日、お客様から「伊藤さんが載っている本を見つけましたよ」というメッセージをいただきました。それがこちら。

 

ロードバイクを自在に操るための知識・技術・トレーニング

 

 

10月10日に発売されたムック本の製作に携わらせていただきました。エキップアサダの監督である浅田さんが監修をされていて「ロードバイクの為のスタンダートな知識(教科書)になりますように」という想いを込めて、各分野のスペシャリストが集まって作成されています。

 

その中にフィジカルトレーニングのパートにがあるのですが、ご縁があり私が担当させていただきました。一度、店頭で手にとってパラパラと読んでいただけると嬉しいなと思うのですが、もしかしたら店頭に置いていない場合もあるので、こちらで私が担当したパートがどんなものかを簡単にご案内させていただきます。

 

フィジカルトレーニングの目次

 

  1. トレーニングの基本を理解する
  2. 目標達成に向けたプロセスを考える
  3. トレーニングの原理原則を知る
  4. ストレングストレーニングがパフォーマンスを高める
  5. トレーニング効果を左右するコンディションの重要性
  6. 筋肉と骨格のしくみを知る
  7. 骨格筋と筋収縮の仕組みを知る
  8. ペダリング運動と動員される筋肉の関係
  9. ペダリング時の筋肉の役割を知る
  10. 股関節主導ペダリングのメリット
  11. ストレングストレーニングの基本

 

本書籍のP.80からP.113までの34ページに渡って、解説させていただいております。基本的なことを書いてありますが、まずしっかり理解していただきたいのは、フィジカルトレーニングのこともそうですが、「トレーニングとは何か?」また「どのように進めていくものなのか?」というものです。

目的目標を考慮したトレーニングの流れを考えよう Part.1 目的目標設定編

2017.09.06



やっぱり「練習」と「トレーニング」は別物だった。

2017.08.03

こちらの二つの関連記事を少し細かく掘り下げたもの書いてあるのですが、トレーニングをすることを考える場合は、これを必ず知っておかないといけないでしょう。

 

トレーニング種目一覧

 

  • ヒップアブダクション
  • プランク
  • プッシュアップ
  • オーバーヘッドスクワット
  • ヒップリフト
  • ニートゥチェスト
  • カーフレイズ
  • リバースランジ
  • ヒップヒンジ
  • ルーマニアン・デッドリフト

 

本書では、上記のエクササイズをご案内させていただいております。こちらのブログでもご案内している種目はウエイトトレーニングが基本ですが、一般的には自宅にウエイトトレーニングの機材をお持ちでない方が多いことや、興味があってもそれらを実施したことのない方の方が多いと思われる為、自体重エクササイズを選別してご紹介させていただきます。

自転車(ロードバイク)により速く乗るためにオススメする6つの筋トレ【下半身編】

2017.04.26

自転車(ロードバイク)により速く乗るためにオススメする6つの筋トレ【上半身編】

2017.10.11

 

ある程度のストレングストレーニングの経験をされている方には、あまり刺激的な種目ではないかもしれませんが、これらのエクササイズが綺麗にできるようになれば、各種エクササイズの質が格段と向上すると考えてます。興味のある方は、是非ともみてくださいね。

 

その他のページも面白い

 

私以外にも、現在ロードバイクでのトレーニングとして多くの方が使用されている「パワーメーター」を使用したトレーニング方法を、Peaks Coaching Group Japanの中田代表が、セルフコンディションとしてアロママッサージで日本代表選手を数多くサポートする軽部さん、また、各種レース・イベント別(Mt.富士ヒルや鈴鹿エンデューロ、佐渡210など)で考えられたトレーニングプログラムの方法が載っていたりなど、数多く販売されている自転車関係のトレーニング書物の中でも、総合的に素晴らしい出来になっているのではないかな?と考えられます。

 

 

初心者から上級者問わず、数多くの人の役に立つと思いますし、何か困ったことがあれば辞書のように使えるのではないかなとも考えています。是非とも、オフトレーニング前やその始まりに読んでいただいて、参考にしてみてはいかがでしょうか?

トレーニングに興味のある方へ

  「自分の場合はどうしたらいいの?」 「自分のトレーニングは合っているのか?」 など、トレーニングに関することで興味を持っていただけたり、お悩みがあれば、当方が運営するスタジオやオンラインにて個別指導をさせていただきます。 興味がある方は、こちらからお問い合わせください。