読書の秋となりました。




小さい頃より伊藤家に言い伝えられし家訓「活字の飯を食え」という父の教えに反しながらマンガを読んでいた私ですが、海外へ出始めた頃からさまざまなジャンルの本を読むのが好きになり、今となっては1ヶ月に2〜4冊くらいは読むようになりました(専門書は除く)。

 

先日、「とある本」を求めて書店に向かい、それを手に取りレジに並んだら、過去に見た消費者金融のCMに出てきたチワワと同じような目で私を見つめてい(るように感じ)た、平積みされている本と目が合い、手に取ってしまいました。

 

普段は、どんな人が書いているかや目次を見てから、パラパラめくって流し読みした上で「面白そう」と感じたものを買うわけですが、この本はタイトル(正確には帯)を見て買うことにしました。

小さな習慣

小さな習慣

posted with amazlet at 17.09.13
スティーヴン・ガイズ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,334

 

トレーニングについて考えていることの4割ぐらいを書き終えた段階で、トレーニングはどのように進めていけばいいのかをある程度まとめてみましたところです。

自転車(ロードバイク)に関するトレーニングについて

2017.09.06

 

トレーニングを実施する上で重要なことは、目的目標を定めてそこまでの道筋を定めることとお伝えしました。しかし、それと同じように大切なことがいくつかある中で、もっとも大切なことは何かと考えた時には「継続してトレーニングを積み重ねること」も考えます。もちろん、行動しなければ机上の空論でおわり、何も成し遂げることなく終わるわけですからね。

 

ということで、どうしたらこのブログを読んでくれる人が、また、私の指導を受けてくださる方がトレーニングを習慣化してくださるのかを考える中で出会ったこちらの本。

 

当たり前のことが書いてあるんですけれど、その当たり前を意外と忘れているからこそできないんですよね。実際、自分自身が書かれていることのいくつかを忘れていたこともあり、色々とできなくなっていたなぁと気づかされることが多くありました。

 

ということで、戒め的な意味も込めつつ、今後はトレーニングの情報に合わせてどのように継続していくのか、などの心理学的な部分も書いていこうかなと思います。興味のある方はそちらの情報も楽しみにお待ちください。

 

 

 

「とある本」とは…?

 

改めて、色々と気付かされることができたので、買ってよかったと思いました。が、皆さんこちらのブログの冒頭にも書いたように、この本を求めに書店へ行ったわけではなく、本当は以下の本を求めていたわけです。

プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ
CCCメディアハウス (2017-07-28)
売り上げランキング: 114
筋トレ社長 (MFC)

筋トレ社長 (MFC)

posted with amazlet at 17.09.13
KADOKAWA / メディアファクトリー (2017-08-26)




トレーニングに興味のある方へ

  「自分の場合はどうしたらいいの?」 「自分のトレーニングは合っているのか?」 など、トレーニングに関することで興味を持っていただけたり、お悩みがあれば、当方が運営するスタジオやオンラインにて個別指導をさせていただきます。 興味がある方は、こちらからお問い合わせください。