【2017年版】サイクリストにオススメのサプリメント(パフォーマンス編)【BEST3】




「サイクリストにオススメのサプリメントって何ですか?」と様々な場面で聞かれます。

 

目的目標によりオススメするサプリメントは変わってきますが、パフォーマンスを維持・向上させる上でフィットネスレベルを補助する作用のあるサプリメントを紹介したいと思います。※タイトルにベスト3とか書いてありますが、基本的には順位は決まっていませんので、それぞれの目的目標に合わせてお使いください。

 

SCIVATION…X TEND BCAAs

 

[ 大容量約1.2kg ] エクステンド (BCAA+Lグルタミン+シトルリン) ※グレープ風味 [海外直送品]

 

エクステンドは、BCAAとグルタミンに合わせて、シトルリンがまとめて摂取できるというのがオススメの理由(あと、コストパフォーマンスが非常に良い)。

 

BCAAは筋肥大に非常に効果があるため、サイクリストが筋肉を大きくしたいと思った時、筋トレと一緒に摂取するといいでしょう。近年、HMB(ロイシンの代謝産物)が話題になっていますが、個人的にトレーニングをしながら期間を分けて飲み比べた時、パフォーマンスや身体的変化を比べた場合はBCAAの方が反応が良かったように思えました(出力の値や絞れ具合など)。ちなみにBCAAは運動後よりも運動前に摂取したほうが筋肥大率が高く、運動時に摂取しておくとカタボリック(筋分解)を抑えてくれるので、非常に優秀です。

 

グルタミンは胃などの粘膜生成促進などをしてくれるため、風邪や腹痛などの体調不良を防いでくれます。減量中やシーズン中に、体調不良によってパフォーマンスが崩れてしまい時間が無駄になる、というようなことがなくなるので、グルタミンが入っているというのはすごくありがたいです。

 

シトルリンは季節の(果実的)野菜であるスイカにも含まれており、血管を拡張させ体温を逃す役割を果たしてくれますが、それだけではありません。一酸化窒素の生成を促進してくれるため、運動時のパフォーマンス低下を防いでくれます。そのため、持久系種目で言えば一定強度での運動持続時間が長くなるため、トレーニングだけでなくレースにも向いていたりします。

 

(_ _).。o○(1リットル分をボトル2本に分けてトレーニングライド中に飲むようしているぐらい、私は結構重宝してました…。)

 

 

GOLD’S GYM…ホエイプロテイン+ペプチド&ビタミンB

 

 

プロテイン(タンパク質)はやはり王道です。

 

ただのホエイプロテインでなく(もっとも吸収速度の早い)ペプチドとビタミンB群が入っているのがオススメ理由。吸収速度の速さは、一緒に摂取する飲み物などの組み合わせで変えることができるため、運動直後に素早く摂取しないなら水、就寝時のカタボリック(筋分解)の抑制を狙うならば、カロリーのことも考えて無脂肪牛乳で摂取すると、カゼインやソイプロテインなどのようにゆるやかに吸収することができます。

 

また、アナボリック(筋合成)の促進にはプロテインだけでなく、適度の糖質やビタミンB群(特にビタミンB6)が必要になってきますが、それらも程よいバランスで入っているためオススメです。近年、カロリーや糖質制限を気にしてなのか、あまり糖質が入っていないプロテインも多いため、粉飴などを追加して混ぜたりする方も多いのですが、とりあえず私は混ぜる作業すらめんどくさいというタイプなので、作業が少なくて済むように最初から配合されているタイプをオススメします。

 

 

Kentai…クレアチンALK

 

Kentai クレアチンALK パイン 210g
健康体力研究所
売り上げランキング: 11,192

 

クレアチンに合わせてα-リポ酸が配合されているのでオススメです。

 

クレアチンは1分以内の無酸素運動時においてパフォーマンスを発揮します。筋トレをするようならば筋トレ時の挙上重量の向上や、1分以内のインターバルトレーニングをするようならば指定強度以上または反復回数の向上などが望めます。多くのサイクリストの場合は、無酸素能力が低い人が多いので、これからレースに参加するためにインターバルトレーニングをする、またはシーズン中に失った筋肉を取り戻す、という方の場合は効率よく望んだ効果が得られるでしょう。

 

また、α-リポ酸は抗酸化作用も注目すべきところですが、クレアチンの利用率を高めるため、しっかりとクレアチンの効果を体感することができます。

 

ただし、しっかりと水分摂取ができていないとph濃度の変化で頭痛をおこす方もまれにいらっしゃるので、摂取している期間は水分補給を怠らないようにしましょう。

 

オススメしておきながら

こうして、パフォーマンスを維持・向上させる上でオススメしているサプリメントを各個人にお伝えするわけですが、一つ言えることがあります。

 

「サプリメントは栄養補助のためにあるわけであって、主食ではないよ」ということ。

 

いくらトレーニングをしっかりしてサプリメントも合わせて摂取したからパフォーマンスが上がるかと言えば、それは違います。栄養バランスがある程度取れた食事のなかで、日常的に摂取するのが難しいと思った栄養素を補うように摂取する、それがサプリメントです。

 

オススメはしていますが、サプリメント頼みにならないようにしましょう。

 

ただし、しっかりとした食事とトレーニングに合わせてサプリメントを合わせた場合は、短期間でもカラダに起こる変化は大きいです。今一度、トレーニングだけでなく食事も見直してみましょうね。




トレーニングに興味のある方へ

  「自分の場合はどうしたらいいの?」 「自分のトレーニングは合っているのか?」 など、トレーニングに関することで興味を持っていただけたり、お悩みがあれば、当方が運営するスタジオやオンラインにて個別指導をさせていただきます。 興味がある方は、こちらからお問い合わせください。