自転車(ロードバイク)のために行う1週間のトレーニングの流れを考えよう Part.3 バランス編




過去のブログにこのような記事を書きました。

週末サイクリストが水曜日ぐらいまで自転車に乗れないほどの疲労を回復する方法

2017.06.08

そういう方の場合は、平日にサイクリングやトレーニングができない分、週末にロングライドへ出かけたり強度を上げたりするサイクリストに多く見られる症状だったりする気がします。たまに私も陥る現象ですが、そうなると週の前半は全くやる気が起こらなくて大変なことになりますよね。

 

この記事は、サンデーライダー(週末に自転車乗る方)に向けた記事を書いたつもりなのですが、トレーニングをされる方にも当てはまることがあるよなと思うことがあり、先日ツイートこんなをしました。

上記のツイートでは、月曜日からのTSSを0-50-50-50-0と書いてありますが、自転車店様にてイベントを行う際に、参加されたお客様のお話を聞いたりすると、そもそも平日全く乗らずに週末にロングライドされる方の方が多いことを記憶してます。つまり月曜日から金曜日までのTSSが0-0-0-0-0の流れでいきなり週末にTSS200越えを連発するわけです。

 

となると、CTL(スタミナ的な数値)が低い中、サイクリングをされていることになるのですが…そりゃ土日の疲れを平日の真ん中まで引きりますし、それ以上に金曜日まで引きずる人もいるのは当たり前です。

 

なるべく週末のサイクリングによる疲労を平日に持ち越すことなく、健康的にサイクリングをするためにはどうしたらいいのか。サイクリングする距離や時間を減らしたくないのならば、やることは簡単です。

 

やっぱり平日も定期的にトレーニングをすること

 

平日にトレーニングを実施することでCTLが低下することを防ぐことができるため、週末のロングライドを終えた後の平日で、急激なTSBの降下から発生する倦怠感などを抑えることができます。週末のサイクリングを楽しみ、平日のお仕事も元気に取り組めるようになるためには「回復させるために平日休むんじゃ」というよりも、現状自身が取り組める無理のない範囲で「体を動かすこと」の方が、長期的に見ていいのではないかなと考えています。

 

平日になかなかトレーニングできない、という方。1日15分でもいいのでホームトレーナーを使用して身体を動かす習慣を身に付けるところから始めてみてはいかがでしょうか?

MINOURA(ミノウラ) LiveRide LR541
ミノウラ(MINOURA) (2016-10-28)
売り上げランキング: 24,576

 

少し高級感が溢れるディスプレイスタンドのように週末ライドを終えたバイクをセットしておくことでいつでも気軽にまたぐことができるので、オススメです。

 

…が、あとは自分の気持ち次第です。




トレーニングに興味のある方へ

  「自分の場合はどうしたらいいの?」 「自分のトレーニングは合っているのか?」 など、トレーニングに関することで興味を持っていただけたり、お悩みがあれば、当方が運営するスタジオやオンラインにて個別指導をさせていただきます。 興味がある方は、こちらからお問い合わせください。